持っておくと安心!ディレイラーハンガーの予備

持っておくと安心!ディレイラーハンガーの予備




ボクの乗っているミニベロはTern Surgeです。購入して約1年半になりますが、いまだにお気に入りのミニベロロード。

できればこの先もずっと乗っていきたいと思っているので、入手できるうちに補修パーツなど揃えておいたほうがいいなと思う。

特にディレイラーハンガーは同一メーカーの同一車種でも、年代によって形状が変わることがあるみたいです。

いつかは予備のディレラーハンガーが欲しいなと思っていたところ、先日のビワイチへ行ったことが決定的となり購入に至りました。

なぜ予備のディレラーハンガーが必要なのか

ボクの場合は先日輪行でビワイチに行った際、注意をしていても、駅の改札や、電車内でディレラー部分を軽くぶつけることが何度かあったからです。

また一般的に、右側に落車したときや、経年劣化で破損する場合もあるみたいです。

ディレイラーハンガーの規格

厄介なことにこのディレイラーハンガーは共通規格がほぼない状態で、自分の車種にバッチリあったディレイラーハンガーを付けようと思うと予め自転車を購入した店舗で予備で購入しておく必要があります。

こちらのサイトで各メーカーのディレイラーハンガーを検索・購入することができるみたいです。ただし、Tern SurgeはTernのROJI企画のため、グローバル展開してないのでこのサイトには載ってませんでした。
https://derailleurhanger.com/

万が一予備のディレラーハンガーを持っていない場合は、クイックリリース部分に固定する汎用品があるのでそれを持っておくのもいいですね。

ただし、こちらのディレイラーハンガーはエマージェンシー用なので、とりあえず壊れた場所から帰宅するまで使う程度にしましょう。

その後ショップで純正のディレイラーハンガーを購入してください。

Tern Surgeのディレイラーハンガーの価格

今回Tern Surgeを購入したカンザキ伊丹店で注文しました。

気になる価格はTern Surge用ディレイラーハンガー 1個 ¥2,200です。

使うかどうかわからないものに2,200円は微妙に高いですが、Surgeが廃盤になったら入手困難になると思うので、販売しているうちに予備を購入しておきましょう。






 
   

関連コンテンツ