軽自動車に自転車2台を積む方法

軽自動車に自転車2台を積む方法




前回ハマイチ行った際に軽自動車に2台の自転車を載せてトランポ(トランスポーター)しました。

そこで、どのような機材を使って載せたかをお伝えします。

使用機材

ゴリックスの自転車固定用フォークマウントを前輪に使い、後輪は輪行用のエンド金具もしくは、後輪用のスタンドを利用しました。

前輪部分は車内の幅と同じくらいの板にゴリックスの自転車固定用フォークマウントを2つ打ち付けます。

後輪は上記写真のようにエンド金具が引っ掛けられるように木材で自作しましたが、後輪用スタンドのほうが楽だと思います。

後輪のスタンドは上の写真のようにクイックを挟むものより、チェーンステーを掛けるタイプが楽に収納できます。

実際に軽自動車に乗せてみた

今回使用した軽自動車はハイトの高いワンボックスタイプではなく、ダイハツのミラバンを使用しました。

下の写真は積み込んだあとの写真なのですが、前後のホイールを外し、シートポストを外せば余裕で2台積むことができました。

積んだあとは、揺れによる接触や横転がないように、ロープと毛布で固定し完成です。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ