【初心者】Tern SURGE最初のカスタムおすすめ3選!

今回はミニベロロードのTern Surgeを最近購入した方におすすめしたい、カスタム3つを紹介します。
※SurgeだけじゃなくてミニベロでもOK

カスタムには見た目のドレスアップやスピードをもとめたカスタム、はたまた長距離を楽にするカスタムなどがあります。

今回はボクが2年半Surgeに乗ってきて特に効果が体感できたカスタムをお伝えします。

おすすめカスタム1 ブレーキ交換

まず1つ目は、ブレーキ。もしいままでママチャリしか乗ったことがない場合の人でもミニベロのTern Surgeでは楽に時速30kmを出すことができるでしょう。

時速30kmからのブレーキングをママチャリと同じ感覚で行うと確実にママチャリより止まらないです。

そこで、おすすめするのが、ブレーキの交換。

その中でも、ボクは、シマノアルテグラR8000のブレーキをおすすめします。

105のR7000でもいいのでは?と思われるかもしれませんが、差額が前後で4,000円程度なので、ここは迷わずアルテグラR8000をおすすめします。

正直Surgeの純正ブレーキは効きが悪くて、心もとないです。

関連記事
Tern Surge カーボンフォークに交換

おすすめカスタム2 フォーク交換

2つ目におすすめするのはフロントフォークです。もし、1つ目に紹介したブレーキを交換する予定がある場合、あわせてフォークの交換もおすすめします。

これはsurgeに限った話ですが、Surgeの純正フロントフォークは構造上フロントだけどリアブレーキをフロントにも使います。

そこで、フォークも交換したいなと思っている方は同時に交換するのがベストです。あとで、フロントのブレーキを買い足すよりコストを抑えることができますから。

ちなみにミニベロはタイヤ経が小さいため、路面からの振動をもろに受けます。数キロのライドなら問題ないですが、せっかく買ったTern Surgeで遠出したくなりますよね?

そんなときカーボンフォークが有効です。

見た目も標準でついているフォークより太くてかっこいいですよね。しかも、重量が標準のフォークが約1kgに対し、このカーボンフォークは半分の約500gとなります。

ロード用のフォークは300g台なので、それよりは重いですが。。。

その他にも振動吸収目的なら太いバーテープに変えたり、ハンドルをカーボンに変えても振動吸収の目的を達成できますが、せっかくSurge用に設計されたカーボンフォークなので、使わない手はないですね!

関連記事
Tern Surge カーボンフォークに交換

おすすめカスタム3 タイヤ交換

最後におすすめするのがタイヤです。スポーツバイク全般にいえることですが、タイヤを変えただけで乗り味ががらっとかわります。

ボクも最初にしたカスタムがタイヤ交換です。今は販売してませんが、当時そこそこ高い、SCHWALBE ONEの25Cに交換しました。

純正のタイヤと比べると重量も軽く185gとなります。純正の重量は計ったことが無いのでわかりませんが、たぶん300g前後ですかね?このSCHWALBE ONEは軽いだけでなく、性能もよかったです。

特に、ペダリングを止めて惰性で走っても純正タイヤより、減速しにくいです。

ただ、このSCHWALBE ONEはもう買えませんので、かわりとなるタイヤを調べてみるとパナレーサーのミニッツライトが、候補に上がります。

今、451サイズでケブラービードのものを探すと容易に入手できるのはこのミニッツライト一択となります。

タイヤの幅は23Cと28Cの2種類ありますが、乗り心地を優先してボクは28Cのミニッツライトをおすすめします。

関連記事
2020年ミニベロ451のおすすめタイヤ

まとめ

今回はTern Surgeを購入したばかりの人をターゲットにおすすめカスタムを紹介しました。いかがだったでしょうか?

ぜひあたなのSURGEも自分好みにカスタムを楽しんでくださいね!

今回の記事はYouTubeでもお楽しみいただけます。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG