Tern Surgeにパワーメーター(4iiii)を付けてみる

Tern Surgeにパワーメーター(4iiii)を付けてみる




とうとうボクのTern Surgeにもパワーメーターを導入することになりました。

導入するきっかけはずばり、Zwiftを楽しむためです!

このブログを書いている2020年7月25日時点でまだZwift始めてません(汗)

Zwiftする環境は整ったのですが、家庭の事情で室内で固定ローラーはNG!
そう!すなわち庭でやるしかないのです!

固定ローラーを購入後すぐに外でZwiftを試してみたのですが、蚊が多くて集中してローラーするのが困難。ってことでZwiftデビューはまだ先になりそうです。

では本題に入ります。

どこで4iiiiパワーメーターを買うのがベストか!

なぜボクが4iiiiを選んだかというとズバリ!価格です。海外通販(特にPRO BIKE KITでは数時間限定)で格安で売っていたりする。あとプロチームにも供給しているところも安心材料ですね。

ただボクが使っているクランクはデュラエースR9100(170mm)のため、価格を調べた時は、4iiiiの工場インストールが一番安かった。

左クランクのみのパワーメーターで工場インストール代$299.99と送料の$30.11の合計$330.10だった。

価格を調べていた2020年6月28日現在の為替だと約35,600円となる。

とくに慌てていないので工場インストールでもいいかなっと思っていたところ、wiggleのメルマガが届いて、確認すると4iiiiのR9100 170mmモデルの左クランクが、36,158円(税込)。工場インストールより数百円高いだけで売っている!しかも残り1点。速攻ポチりました。

ただ後で知ったのですがPRO BIKE KITなら約32,000円で購入できるチャンスもあったみたい。

急ぎでなければセールの時期を狙うのもありですね。

取り付けの注意点

注意点はフレームとクランクのクリアランスが問題になってくる。

ボクのTern Surgeは見るからにクリアランスが広いので調べずに購入しましたが、不安な方はチェックシートが公式サイト及び日本の代理店からPDFがダウンロードできるので、試してみることをオススメします。

4iiii パワーメーターとフレームとのクリアランスを確認する方法

Tern Surgeでは余裕のクリアランス

使ってみた感想

他のパワーメーターを使ったことがないのでどれほどの精度かはわかりませんが、急に数値が飛んだりすることはないので安定はしていると思います。

あと自分のパワーの無さにショックを受けます。

なんとなく平均100wくらいあるのかなぁと思っていたら平均で80〜90wくらいです。

ある日の通勤時のデータ

ボクは数字が好きなので自分のパワーが可視化できるのはすごく楽しい!パワーメーターを付けてからはサイコンを見てもパワーばかり気になります。

それくらい楽しいです!

ちなみに重量はクランク込みで180gでした。センサー無しだと173.9gだったので、センサー自体は6.1gと軽量です。

重さは180g

今まで使っていたクランク 173.9g

まとめ

購入して約3週間。ほぼ通勤なのでレビューはまだ書けませんので購入までの経緯の紹介でした。

今後はFTPテストやZwiftをやるようになったら改めてレビュー(インプレ)してみようと思います。

今回購入した商品






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ