ミニベロや街乗りにオシャレなヘルメットKPLUS NOVAがおすすめ!

3年前にミニベロTern SURGE購入と同時に買ったエントリーモデルのヘルメットOGKカブトREZZA(レッツァ)をずっと使っていました。

エントリーモデルながら満足度の高いヘルメットです。

ただ、このエントリーモデルのREZZA購入当時と今とでは、ヘルメットに対する考え方が変わったので、3年使ったし、妻から家計で購入許可がでたので買い換えることにしました。

そこでボクは今回新しいヘルメットを購入する際、つぎの3つのポイントを気にしてヘルメット選びをしました。

  • 安全面
  • 通気性
  • 軽量

安全面について

REZZAを購入した時はボクのTern SURGEはマットブラックなのでヘルメットも合わせてマットブラックをチョイス。

服装もそうですが毎日通勤で夜も使うので、車からの視認性の高い白色のヘルメットがいいと思うよになりました。

通気性について

今まで使っていたREZZAは虫よけのネットが付いているので、そのせいであまり風が入ってきませんでした。今回は通気性の高いヘルメットを希望します。

軽量について

3つ目は軽量モデルを希望。

普段の通勤ではREZZAの260gで問題がないですが、過去にビワイチ(北湖1周)150kmのライドの際、120km過ぎから肩と首が痛くなってきたのでより軽いものがいいな。

候補に挙がったモデル

一番最初に候補に挙がったのはREZZAと同じブランドのOGKカブト『フレアー』です。日本メーカーということもあって日本人の頭にフィットしたモデルです。しかも重量がL/XLでカタログ値185gとかなり軽い!

もうひとつがGIROのSYNTHE(シンセ)ですカタログ値Mサイズで250gとそれほど軽くないですが見た目がかっこいい。

ほぼこの2つのうちどちらかを買おうと思って悩んでてたところ、インスタか何かで台湾ブランドのKPLUS NOVAを知りました。デザインがすごく気に入ったのでKLPUS NOVAを購入することに!

もちろん、購入する前にKPLUSのサイトでスペックなどを確認するのですが、残念ながら軽量の部分ではREZZAより重くなってしまいました。

まあ、デザインが気に入ったので迷わずポチることに!

KPLUS NOVAの詳細

では早速KPLUS NOVAの詳細を見ていきましょう。

まずは全体のデザインがシンプルで美しく、かつそこまでレーシーなデザインではないので、ミニベロでの街乗りにはもってこいのデザインです。

シンプルでオシャレ

見た目の質感が、かなり高級感があって細部の作りも丁寧です。

あとこの部分にアイウエアの滑り止めがついていいます。

滑り止め

サイズの調整は後頭部のダイヤルだけで調整します。ただこのダイヤルが少しかたいです。

ノッチが結構小刻み

通気性の関しても、15のベンチレーションホールがあって、流れるように風が入ってくるので夏場のライドでも気持ちいいです。

大きめのベンチレーションホール

安全面に関しても、全方位リフレクター塗装がしてあるので、車からの視認性が今までのレッツァよりかなり高いと感じます。

リフレクターの様子

重量ですがボクの頭のサイズは59cmとでかいので、今回はLサイズを購入しました。そのLサイズの重量はカタログ値338gと300gオーバーなので、持った瞬間に今までのレッツァよりズッシリ感は正直あります。

サイズと重量

KPLUSは台湾ブランドということもあって、すべてのヘルメットがアジアンフィットになっています。

アジアンフィット

しっかりかぶっても眉毛が出る感じで浅めのヘルメットとなっています。

結構浅め

アイウェアをかけるとこんな感じです。

ちなみに同梱されていたのが、2種類のパッドと収納袋です。パッドだけでも単品で買うと1,500円程度するので嬉しいですね。

5mmと10mmのパッド

収納袋

もちろんJCFシールもこの部分に貼られていました。

JCFシール

最後に他のヘルメットと変わってるなというところで、バックルの留め具がマグネット式になっているので、はめる時も片手で簡単につけることができます。

いかがだったでしょうか?

今回はKPLUS NOVAのヘルメットを紹介しました。

ではまた。

今回紹介した商品

動画で見る

KPLUS NOVAの紹介動画をYouTubeにアップしています。よろしければご視聴ください。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG