寒い冬の自転車通勤におすすめな防寒グッズ「巻きポカ」

今年の冬は例年に比べ気温の低い朝が続きます。今シーズン新調した自転車用グローブ「GORE®WEAR ウィンドストッパー サーモグローブ」では0度を下回ると指先がかじかんでしまうので、何か解消法はないかと思い「巻きポカ」を試してみることに。

今使っているグローブはこちらです。

5度前後ならこれ1枚で快適に走ることができますが、0度前後だと正直寒いです。インナーグローブを併用すれば寒さはしのげますが、モコモコし過ぎてシフトチェンジなどの操作性がいまいち。

巻きポカとは

「巻きポカ」とはカイロで有名な桐灰から出ている、手首もしくは足首に巻けるカイロです。

今回ボクが使用したのは手首に巻くタイプのものになります。

使ってみた感想

まずはじめに、手首を温めるだけで指先の冷えが解消されるか半信半疑でした。直接指を温めたほうが早いんじゃない!?と思っていましたが、指先に貼るカイロが無いので使ってみることに。

結論から言うと間違いない指先の冷えを解消できます。普段は室内でも指先が冷たいボクですが、「巻きポカ」を巻くと、じわじわ温かくなってきます。

ただし、直接カイロがあたっているのは手首なので、劇的に熱くなるわけではなく、凍てつく寒さからは解消される感じです。

ボクの使い方としては出かける20分くらい前から自宅内で手首に巻いて、ある程度指先の冷えが解消されてから外出します。

良いことばかりを書きましたがマイナス評価の点もあります。この「巻きポカ」は厚みがあるのでグローブをはめる際、はめづらいです。

巻きポカ装着

もう一つのマイナスポイントは運用費です。

最初のセットにはシート4枚の2回分しかカイロが入ってないので毎日使うにはコストが掛かります。(詰替え用10個入で定価340円(税別))

専用シートよりかさばりますが小さめの貼らないカイロでも代用できます。

おまけ

「巻きポカ」でもさらに寒いと感じた場合は、YouTuberの笹野輪業さんが紹介してる、カイロをハンドルに貼る防寒対策を併用すればバッチリです。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG