クラリス R2000 STIの握り幅( ブレーキレバーのリーチ)調整方法

クラリス R2000 STIの握り幅( ブレーキレバーのリーチ)調整方法




下ハンを使う機会はほぼ無いですがたま〜に使う際、ブレーキレバーに手をかけることができないので、調整方法は無いか調べてみることに。

シマノのマニュアルを確認すると調整することが可能だったので早速チャレンジしました。ちなみにボクのSTIはST-R2000になります。

2mmの六角レンチが必要

シマノのST-R2000のマニュアル

ブラケットカバーの上部分を開きます
2mmの六角レンチで時計回りで回します。
このようにレバーの根本が広がって、ハンドルとレバーの位置が近づきます。

これで、下ハンを持った時にブレーキレバーに手が届くようになりました。

また、ブラケットを握るポジションでも今までよりブレーキがかけやすくなったのでよかったです。

ボクみたいに手の小さい人はぜひお試しください!

今回紹介した商品






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ