2020年ミニベロ451のおすすめタイヤ

2020年ミニベロ451のおすすめタイヤ




前回のブログ(SCHWALBE ONE、デュラノはディスコン?451サイズの話)でお伝えしたようにミニベロの451サイズでよく使われているSCHWALBE(シュワルベ)のONEとデュラノが廃盤になり、SCHWALBEからは451サイズだとSCHWALBE ONE TUBEのワイヤードタイプの28C1択となってしまいました。

そこで、現状(2020年4月)時点で比較的容易に購入可能な20インチ451サイズのタイヤをまとめました。

今回はブランドごとに紹介します。

パナレーサー

価格帯の違う3種類のタイヤがラインアップ。またそれぞれから23Cと28Cの2種類のサイズ展開あり。

Minits Lite(ミニッツライト)

ロードタイヤのレーシングテクノロジーを採用したハイスペックモデル。新たに「ProTiteシールド」構造を採用したことで耐パンク性能が24%アップ。

https://panaracer.co.jp/lineup/compact.html

Minits Tough(ミニッツタフ)

耐パンク性能にも優れたロードレース用タイヤ「RACE D Evo3」と同じテクノロジー「3Dケーシング」を採用。貫通パンクだけでなく、サイドカットなどあらゆるパンクに優れた耐パンク性能を発揮。

https://panaracer.co.jp/lineup/compact.html

Minits S(ミニッツS)

コンパクトサイクル用タイヤとしてシリーズ展開している「ミニッツ」シリーズに、弟分となる「ミニッツ S」が登場。 スポーティーなシルエットはそのままに、サイドまでゴムで覆った耐久性重視のコストパフォーマンスモデル。

https://panaracer.co.jp/lineup/compact.html

SCHWALBE

ずっと愛用していたSCHWALBEからはシュワルベワンTUBEの1択となりました。

シュワルベワンTUBE

バランスのとれた走行性能と快適性を備えたオールラウンドモデルロードタイヤ。
新コンパウンド「ADDIX」と耐パンクベルトにレースガードを採用し、トレーニングからレースまで季節を問わず使用できる、チューブタイプ専用のオールラウンドモデル。

http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=7

IRC

安心の日本メーカー

ROADLITE for MINIVELO

サイドをオープンにすることで、220gと軽量。耐摩耗性に優れたハイグリップコンパウンドを採用、さらにトレッドを肉厚にすることで耐久性と軽快性を両立。

https://ircbike.jp/product-list/road/roadlite20/

DURO

価格が魅力的な台湾のタイヤメーカー

DB-7043 Stinger 20×1 1/8 160-01082

タイオガ

ブロックパターンのあるタイヤならこの1本!

パワーブロック

金額も1本2,000円以下と良心的。

まとめ

ミニベロのホイールサイズは最近451が増えた気がするけどタイヤの種類はそれほどない。

ボク自身今回紹介した中ではschwalbeしか使ったことがありませんが、次はパナレーサーかIRCにしてみようかな?

価格的にはDUROが気になります。DUROで満足できるなら運用面でのコストが抑えられてGoodです。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ