その他

メルカリで素早く商品を売る方法

3年ぶりに自転車パーツの断捨離を行いました。今回も前回同様メルカリで断捨離(前回の記事には注意点など載せているのでよろしければ見てください)。 前回と違って今回はデュラエースなどの高額商品も断舎離しました。1週間前に26商品を出品して今日現...
ミニベロ

ボクがディスクブレーキのミニベロを買わない理由

ロードバイクのブレーキシステムのメインストリームはリムブレーキからディスクブレーキに移行して数年が経ちます。ではミニベロロードの場合はどうでしょうか?この記事を書いている2024年4月現在、数は少ないですがディスクブレーキ採用のミニベロロー...
アイテム

SHIMANOからもフルワイヤレスの電動コンポが出る!?

シマノが独自のバッテリーで電力を供給される完全ワイヤレスのグループセットを開発している可能性があることが、米国特許商標庁に提出された新しい特許情報から明らかになりました。 "新デュラエースはフルワイヤレスへ?シマノの特許情報自転車"— 自転...
ミニベロ

ミニベロ406と451のスピード比較

この1年もともと451サイズのミニベロロードTern SURGEのホイールを406にインチダウンして運用していましたが、久しぶりに451のホイールに戻しました。 イチンダウンの方法に興味のある方はブログ記事を公開しているので合わせてご覧くだ...
カスタム

ドロップハンドルをフラットバーにする場合の予算

ドロップハンドルの自転車をフラットバーに変えるにはどれくらい予算がかかるか気になりますね。 今回はAmazonで購入できるパーツで予算をお伝えします。 ドロハン、フラット共通で使えるパーツ まずはドロップハンドルのパーツ構成を見ていきましょ...
ミニベロ

3万円以下で買えるミニベロロード特集

通常ボクのブログではミニベロロードTern Surgeの話題を中心にお届けしてますが、中にはミニベロロードに最初から10万近い金額を出したくない方もいると思います。そこで、今回はネット通販で購入できる3万円以下のミニベロロードを紹介します。...
カスタム

ミニベロロードを速くするためのカスタム

ミニベロロードは、そのコンパクトなサイズと都市部での取り回しの良さが魅力的である一方で、スピード面でのもう少し速く走りたいと思っている人も多いでしょう。この記事では、ミニベロロードの高速化に焦点を当て、ギア比の調整やチェーンリングの大径化な...
カスタム

スプロケット沼にハマる – ミニベロロードTern Surgeと共に歩んだ6年間

ミニベロをもっと速く走らせたい!坂を楽に登れるようになりたい!と思った場合、ギア比を見直してみよう!今回はボクがミニベロロードのTern Surgeに乗ってきていろいろなギア比を試した結果どうだったのかお伝えします。 ギア比とは ギア比とは...
ミニベロ

ミニベロ20インチの406と451の比較

20インチのミニベロにはホイール経が406サイズと451サイズの2種類があります。ボクの乗っているTern SURGEは元々451サイズでしたが、半年ほど前にTern SURGEのホイールを451から406にインチダウンしました。そこで、今...
メンテナンス

4iiiiのゴムパッキン(Oリング)を交換

パワーメーターのバッテリーを交換する際、キャップの内側をみると、Oリングが切れてる。このOリングは外部からの水の侵入を防ぐ役目があります。切れたままにしておくと高価なパワーメーターが壊れるおそれがあるので、早速Oリングを交換することに。 ま...