軽量化!ノーマルで10kgのミニベロTern SURGEを7.56kgまで軽量化

久しぶりにボクのTern SURGEをシングル化したので過去最高に軽量化できたと思い重量を測ってみることにしました。

この日は風が強くてなかなか重量計の数値が安定しない。一瞬無風になったので重量を見てみると、

結果は

7.56kg!

となりました。

では各部詳細を見ていきましょう。

フレームセット

フレームの重量は2018年モデルサイズ50で2,085gあります。

エアロ形状のアルミなのでかなり重いですね。

フォークはkittdesignのカーボンフォークで重量は520g。

標準のSURGEのアルミフォークは1kgあるので約500gの軽量化ができます!

関連記事
Tern Surge カーボンフォークに交換

コンポーネント

コンポーネントはすべてデュラエースR9100。

STIが370g

クランクはWOLFOOTH46Tのフロントシングルで590g

リアディレイラーは160g

スプロケットは11-25で175g

ブレーキ前後で325g

他のグレードと比べSTIの軽さはかなり体感できます。

関連記事
ST-R9100とST-R7000を比較
スプロケットR9100とR8000で違いを感じられるか!
Tern Surgeフロントシングル化WOLF TOOH46Tを装着
FC-R7000とFC-R9100クランクを比較

ハンドルまわり

ハンドル周りを見ていきましょう

ハンドルはプライムプリマベーラのエアロハンドルで重量は238g

ステムはPRO PLT 110mmで133g

ハンドル周りは軽量化目的でパーツを選んでないのでまだ、軽量の余地はありそうですね

関連記事
カーボンエアロハンドルPrime Primaveraを使ってみた
Tern Surgeステムを110mm±10°に変更

足まわり

次は足回りです

ホイールは中華カーボンホイール。リムハイトは50mmで1266g。

タイヤはミニッツライト28mmで195g、前後で390gとなります。

チューブはSCHWALBEのブチルチューブ85g、前後で170gになります。

関連記事
ミニベロ451中華カーボンホイール届いたのでチェック!
ミニベロ451おすすめタイヤ!パナレーサー、ミニッツライト(Minits Lite)

サドルまわり

最後はサドル周りを見ていきましょう

サドルはSWORKSパワーサドルで重量は159g

シートポストはonebyesuのマガタマで重量は204g

こちらもハンドル周り同様、軽量化目的でパーツを選んでないので、まだ軽量化できそうです。

いかがだったでしょか?

今回は軽量化したボクのTern SURGEの重量紹介とパーツ構成をお伝えしました。

関連記事
OnebyESU(ワンバイエス) カーボン マガタマ シートポストに交換!ファーストインプレッション

動画で見る

今回の記事の動画版もあります。よろしければ見てください。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG