Tern Surgeを水洗いしてみる

Tern Surgeを水洗いしてみる




梅雨も明けて天気がいいので、Tern Surgeを外で水洗いすることに!

今回はボクのやっている水洗い方法をご紹介。

用意するもの

左から食器用スポンジ、チェーンクリーナー、ラスペネ、食器用洗剤、ブラシ

脱脂する

チェーンクリーナーを使って脱脂します。

脱脂はする場所は、ディレイラー、チェーン、クランク、ブレーキ。

ワコーズのチェーンクリーナーは遅乾性のため、ゆっくり作業できるのでおすすめです。

ブレーキに一吹き

クランクも一吹き

チェーンは細いノズルで

チェーンの脱脂は細いノズルでクランクを回しながら1周分チェーンクリーナーを吹きかけます。

先程チェーンクリーナーを吹きかけたところをブラッシング。

ブレーキシューも綺麗にします。これでブレーキの効きもよくなります。

チェーンはテンションを掛けてブラッシングします。

プーリー部分はクランクを回しながらブラッシング。

ある程度ブラシングしたら水で洗い流します。

洗剤を使って洗車

食器用の中性洗剤を使って洗車します。

バケツに洗剤を軽く1周分いれたら、ホースの水圧で泡を作ります。

洗車は上の方から下に行います。スポンジに先程作った泡をとり軽くこすります。

ボクの経験上大きなスポンジも使ったことがありますが、洗車後スポンジをすすぐ際、時間がかかるので今は小さいスポンジを使っています。

クランク

フレーム

ブレーキ

写真にはありませんが、もちろんチェーンも洗います。泡のついたスポンジでチェーンを挟んでクランクを回します。

すすぎ流す

一通りスポンジで洗車できたら、水圧を弱くして水で洗い流します。

乾燥させる

水分が残っているとサビの原因になるので、徹底的に水分を飛ばします。

ボクはブロワーを使って水分を飛ばします。

関連記事
ミニベロやロードバイクの水洗いが劇的に楽になるブロワー(ブロアー)を使ってみた

チェーンを左右に捻ってもジャリジャリしません。

素手で触ってもこの通り油汚れはまったく付きません。

仕上げはウエスを使ってブロワーで取り切れなかった水分を除去します。

注油

完全に油分が抜けきったチェーンに注油します。

お好みのチェーンルブを使ってください。

梅雨も明けたのでドライ用のオイルをチョイス。

最後にブレーキ、ディレイラーなどの可動部分にラスペネを軽く一吹き

ラスペネを拭くことによって動きがスムーズになります。

ブレーキシューにかからないように注意してください。

今回紹介した商品






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ