不要になった自転車パーツをメルカリで売ってみる

2018年からミニベロのTern Surgeに乗り始めて色々カスタムしてきました。その中で不要になったパーツがそこそこあったので、年末の大掃除に合わせて何点かメルカリで売却。そこで今回はメルカリを使ってみた感想をお伝えします。

また前回中古買取専門店のビチアモに査定をしてもらったので個人売買と専門店の比較もしてみたいと思います。

関連記事
ビチアモーレの無料宅配キットを使った買取が超便利!

自転車パーツとメルカリは相性がいい

個人売買に特化したアプリは今回ボクが利用した「メルカリ」と楽天が運用している「ラクマ」が2大フリマアプリだと思います。

手数料は「ラクマ」が安いですが圧倒的なユーザ数、商品数が多いメルカリを試すことに。ユーザ数、商品数うんぬんと云いましたが妻がメルカリユーザなので身近に聞ける人がいるのが決め手になりました笑

とりあえず、メルカリで21点を数回に分けて出品。出品期間は2020年12月16日〜2021年1月6日です。

今日2021年1月13日現在で20点売れ、残りは1点のみです。

初めて使ってみてびっくりしたのが早いものは秒で売れます。遅くてもぼほ7日くらいで売れました。平均すると出品してから1〜3日程度でSOLD OUTです。

何点か出品してみてわかったことは、走行距離が多くてもメーカー物で型番などがあるものが比較的早く売れます。(ただし、傷がある部分などマイナスポイントも説明し写真も掲載しています。)

ボクはよくアリエクスプレスを使うのですが、中華ブランドのものは売れにくいです。

売れた物の事例

下記はすぐ売れたもの、高く売れたもの、なかなか売れなかったのもの事例です。

商品名購入価格販売価格期間
RD-RX81210,5177,0002秒
ST-R700013,56211,000当日
中華ケイデンスセンサー1,5631,8007日

リアディレイラーのRD-RX812は公開後即SOLD OUTし、STIに関しては約1万キロ使っており傷もありましたが、高く売れました。なかなか売れなかったものは中華ブランドのmageneのケーデンス/スピードセンサーです。こちらは購入金額より高く売れましたが売れるまで1週間かかっています。

いろいろ書きましたがすぐ売れた要因として相場価格より若干安く設定したことが良かったと思います。

ただ、実際に「RD-RX812」を7,000円で売れたのでボクの元に7,000円入ってくるかというとそうではなく、手数料が引かれて入ってきます。

次は手数料に関して説明します。

手数料には注意

メルカリでは販売価格の10%が手数料としてメルカリに引かれます。あと、送料も販売価格から引かれるので売れたは良いけど赤字にならないように価格設定する必要があります。

ちなみに先程事例で挙げた「RD-RX812」でみると、

販売価格・・・7,000円
手数料・・・700円
送料・・・700円

となったため、販売利益は5,600円となります。

これを現金化するのに振込手数料が200円かかります。

振込手数料は1回につき200円なのである程度利益が出てからまとめて振り込み依頼をするといいです。

個人売買と中古買取り店どっちがいい?

高く売るなら個人売買がいいですが、すぐに楽に現金化するには中古買取専門店での売却がいいです。

ボクの場合、中古買取専門店で付けられた査定額より平均2〜3倍で売却することができました。

ボクはまだメルカリでトラブルにあったことはないですが、中古買取専門店だとトラブルはほぼゼロだと思うので安心して取引するなら中古買取専門店ですね。

この記事をみてメルカリに興味をもたれたら、双方ポイントが貰えるクーポンがあるので使ってください。

クーポンコード
DWBPWC







 
 
 
   
最新情報をチェックしよう!