ミニベロTern SRUGE PROをご紹介!

最近友達がTern SURGE PROを購入したのでTern SRUGE PROの紹介と、ファーストインプレッションを紹介します。

まずはフレームセットから見ていきましょう!

フレームセット

2021年モデル2Toneカラーイエロー

Tern SURGE PRO

Amazonで購入

楽天で購入

Yahooショッピングで購入

ダウンチューブ

フレームはアルミ製で、特に尖ったダウンチューブが特徴的です。

リア三角も小さく今どきのエアロフレーム形状を踏襲しています。

またミニベロではめずらしく、ヘッドチューブが短いです。

トップチューブも地面と平行のホリゾンタルとなっており、まさにエアロ形状のフレームと言えます。

フルアウターで内装

ワイヤーはフレーム内装となっています。

フォークはフルカーボン製のフォーク。

カーボン柄がかっこいいですね

コックピット

ハンドルはアルミ製で幅は400mm、ステムもアルミ製90mm

1世代前のSURGE PROは黄色のバーテープでしたが、2021年モデルから黒のバーテープとなっています。

コンポーネント

STI、フロントディレイラー、リアディレイラーはシマノティアグラ4700を使用。

クランクはFSAのゴッサマーで歯数は53-39。

ブレーキはテクトロ製

クランクとブレーキはコストカットをするため、シマノ製ではないんでしょうね。

最後にスプロケットはShimano CS-HG500の10速用で, 歯数は11-25Tとなります。

足回り

ホイールはキネティックスプロの40mmハイトのセミディープホイールでアルミ製。ちなみにスポーク数は前後とも16本で、エアロ形状のスポークを使っています。このエアロ形状のきしめんスポーク憧れます。

タイヤは前後ともシュワルベワンTUBE

サドル

サドルはSURGE純正の穴の空いてない黒色のサドルです。

シートポストはアルミ製のシートポストを採用

以上Tern SURGE PROのスペックをお伝えしました。

感想(1stインプレ)

軽く乗らせてもらいましたが、フォークがカーボンということもあり、漕ぎ出しが非常に軽いです。

コンポーネントのティアグラですが、初めて使いましたが、想像していたよりもキビキビシフトチェンしますね。ただ引きは少し重く感じました。

あとやはりミニベロなので足を止めると、減速するのが早いですね。

全体的な印象といて20〜30km程度のスピードで50kmくらいの距離なら楽しく乗れそうな1台です。

最後にラチェット音ですが結構うるさいですw

いかがだったでしょうか?

今回は2021年モデルのTern SURGE PROを紹介しました。

動画で見る

今回の記事の内容をYouTubeでも発信しております。よろしければ見てください。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!