中華カーボンホイールの回転性能

今回は中華カーボンホイールの回転性能を検証したいと思います。

ミニベロのホイールはロードバイクと比べて圧倒的に種類が少ないので、中華カーボンホイールを検討している方もいるんじゃないでしょうか?

ボクはTern SURGEを購入して2年目に中華カーボンホイールを購入しました。

そこで、今回はTern SRUGE純正のホイールと中華カーボンホイールとの回転性能を比較・検証したいと思います。

検証方法はアウタートップでケイデンスが100になったらクランクの回転を止め、ホイールが止まるまでの秒数を比較。

関連記事
ミニベロ451中華カーボンホイール届いたのでチェック!
中華カーボンホイールで1,000km走ってみたので再度インプレ

時速にすると約43km/hになります。

ではTern SRUGE純正ホイールから見ていきましょう。

純正ホイール

純正のホイールは約8000km使いました、使用中何度かグリスアップは行っていますが、振れ取りはしてないので、縦ブレ、横ブレともに出ています。ちなみに重量はチューブ、タイヤを付けた状態で1,315gです。

結果は1:05:20でした。

次は中華カーボンホイールに付け替えて検証してみましょう

中華カーボン

この中華カーボンホイールは約20,000km使っています。

先日ラチェット部分のグリスアップはしています。グリスアップ後1,500kmほど使用。

重量はチューブ、タイヤを付けた状態で1,067gです。

ちなみに先程計測した純正ホイールのタイヤ、チューブも中華カーボン同等のスペックのものになります。

結果は1:16:20でした。

まとめ

結果を見ると純正ホイールが65秒で中華カーボンが76秒となり差は11秒。

割合でいうと中華カーボンのほうが約16%回転時間が増加となりました。

この16%は大きいとみるか小さいと見るかはあなた次第です。

動画で見る

テキストベースだと分かりづらい部分もあると思いますので気になる方はYouTubeに同内容の動画をアップしています。よろしければ見てください。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!