下りのブレーキで音鳴りしてない?音鳴り解消方法のご紹介

下りのブレーキで音鳴りしてない?音鳴り解消方法のご紹介




突然下り坂道でブレーキをかけると音鳴りするようになりました。昨日まではまったく鳴らなかったのになんでだろう?

まずはブレーキシューとリムにゴミや汚れが無いかをチェックしましたが特に音鳴りするようような原因は見つけられませんでした。

そこでブレーキシューの角度を調整することに。

赤ラインのようにします。

車体後ろから見てブレーキシューが若干ハの字になるように固定します。

調整方法

まずは4mmのアーレンキーでブレーキシューのボルトを緩めます。

4mmのアーレンキーで左右とも緩めます
0.5mmから1mm程度の厚みの紙を用意します。

今回はちょうどいいのがなかったのでコピー用紙を3回折った厚みの紙を代用します。

専用の工具もあるみたいです。
BIKE HAND(バイクハンド) BIKEHAND YC-193 ブレーキシューチューナー YC-193

ブレーキシューの後ろ1/3程度紙をはさみます。
紙を挟んだままボルトを締めます。

ブレーキを手で押し込んだ状態(ブレーキを掛けた状態)でブレーキシューのボルトを締め込みます。

これでブレーキを強くかけても音鳴りすることがなくなりました。音鳴りで困っている方は一度お試しください。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ