カーボンシートポストをカットして軽量化

2020年ゴールデンウィーク初日。

早朝から近所を約20kmライドして、午前中は自転車のメンテナンスをすることに!

フロントホイールからごく僅かであるが音鳴りがするのでハブをメンテナンスしようと思ったが、シールドベアリングの分解方法がわからず断念。

ってことで、ずっとやりたかったカーボンシートポストのカットを行うことに。

準備するもの

・カーボンシートポスト
・金属用のこぎり
・ソーガイド

これが無いと始まらないカーボンシートポスト。

カーボン用のノコギリもあるらしいですが、ソーガイドの隙間に入らないくらい太いらしいので今回は評判の高かったZ ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸 08104を使います。

ソーガイドは名前の通り真っすぐカットするためのガイドになります。今後それほど出番はないと思うので、リーズナブルなGIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ソーガイダー ブルーチェック TOL18000を購入しました。

カットしてみる

まずはカーボンシートポストにどこまでカットするかの目印を付けます。

1.MAX(STOP)と書かれた位置から下の端までの長さを測ります。

2.自分が使っているシートポスト位置から1番で測った長さ分を下に追加します。その位置をマジックなどでマーキングします。

3.ソーガイドとのこぎりを使ってひたすらカットします。

4.カットが終わると、ヤスリで切り口のバリ取りを行います。

シートポストをフレームに組み付け

たっぷりとファイバーグリップをシートポストに塗ります。

ファイバーグリップを塗り終えたら、シートチューブに刺して、ボルトを締めると完成。

カーボンなのでボルトはトルクレンチを使って締めたほうが安心です。

重量

16.2gの軽量に成功しました!









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG