カーボンエアロハンドルPrime Primaveraを使ってみた

カーボンエアロハンドルPrime Primaveraを使ってみた




久しぶりにボクのTern Surgeのハンドルをカーボンハンドルにしました。2019年11月に中華カーボンハンドルが2回連続割れてしまったので安心を求めてアルミハンドルに。

そのアルミハンドルを使いはじめて1週間、むちゃくちゃ手が痛い。。。

ってことで、ブラックフライデーのセールで安かったので評判のいいPrime Primaveraのカーボンハンドルを購入しました。

ただ、注文している間にアルミハンドルにも慣れたため、飽きるまでアルミを使おうってことで、なかなかカーボンハンドルに交換しませんでしたが、購入して5ヶ月やっと取り付けました。

ケーブルの内装化がむちゃくちゃ簡単

いままでエアロハンドルにケーブルを内装化したことがある人は、マジで面倒くさい作業でやりたくないと思っている人が多いはず!

ボクもそのひとりです。

が、Prime Primaveraは穴が無茶苦茶デカくて通しやすい。

また出入り口が直線なので楽ちん

1本目の中華カーボンのときは、挫折してショップで組み付けてもらいました。

2本目の中華カーボンのときは、ルーターで多少穴を広げて下準備をし、3時間を要しました。

関連記事
中華カーボンハンドルにクラックが…
中華カーボンハンドルにクラックが!今度はアルミにしよう

Prime Primaveraは直接アウターケーブルが通るので数分で通し終わります。

あっけなく終わります

カーボンハンドルにはファイバーグリップが必要

カーボン素材を組み付ける場合は、必要以上に締め付けると破損してしまうので、カーボン素材表面の摩擦係数を上げるため滑り止め剤を使います。

 

色々なメーカーから出ていますが、有名どころはFINISH LINEのファイバーグリップです。ボクはこれを使っています。

たっぷり塗ります

こちら側もたっぷり

ボクの場合は締め付けトルクのMAXより0.5〜1ほど低いトルクで締めます。ファイバーグリップのおかげでズレることはありません。

あと、トルク管理はちゃんとしたほうがいいです。ボクは1本目の中華カーボンのときはトルクレンチを使わず、カンで締めて破損してしまいました。

Prime Primaveraファーストインプレッション

まだ50kmほどしか乗っていませんが、カーボンなだけあって振動吸収は体感でバッチリ感じられます。

また中華カーボンはたわむ感じで柔らかく感じましたが、Prime Primaveraは中華に比べるとガッチリして剛性が高いです。

ショルダー部分がくぼんでいて、ちょうど手のひらがそこに収まるのでショルダーポジションで走りやすいです。

この凹みを考えた人は天才です!

最後に、普段は下ハンで走ることはないですが、平坦なキレイな道路で下ハン、ダンシングで、もがいてみました。ちょいたわむかなって感じです。

ギャラリー

正面
上から

横から

重量は400mmで238.4kg






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ