普段着におすすめのSPDシューズGIRO PRIVATEER LACE

普段着におすすめのSPDシューズGIRO PRIVATEER LACE




ボクの自転車はミニベロロードのTern Surge2017モデルです。ボクはこの1台しか持っていないのですべてのシーンでSurgeに乗っています。

通勤ではスニーカーで乗っていますが、週末のロングライドではレーシーなLINTAMAN(リンタマン) ADJUST ROAD COMP PLUSを使用。

基本リンタマンを履いている人はSPD-SLのクリートを使う人が大多数だと思いますが、ボクはアダプターを噛ませてSPDのクリートで使用していました。

右:Lintamanとアダプター

ただ、このLintaman+SPDクリートだとものすごく歩きにくい。あと、70〜80kmを超えたあたりから足が痛くなるのを解消したかった。

今回GIROのPRIVATEER LACEを購入した目的は以下の3点です。

・歩きやすい
・足が痛くならない。
・見た目がカジュアル

手元に届いてから梅雨入りし試す機会がありませんでしたが、やっと先週末晴れたので90kmのライドでGIROのPRIVATEER LACEを着用。

ではGIROのPRIVATEER LACEのレビューをしたいと思います。

LintamanとGiroの比較

Giroは横幅が狭いため通常履いているシューズより2サイズほど大きいほうがいいみたいなのでLintamanは41サイズですがGIROは43サイズを購入しました。

Lintamanはちょいキツめですが、GIROの場合は2サイズUPということもあり、思ったよりもゆとりがあります。

左:GIRO43サイズ 右:Lintaman41サイズ

歩きやすさについて

歩きやすさの基準をスニーカーが10だとすると、GIROのPRIVATEER LACEは7くらいですかね。ちなみにLintamanは2です。

ソールがLintamanより柔らかいこともあり、普通に歩くことができます。またLintamanのときは歩くときにカチカチとクリートが擦りましたがPRIVATEER LACEの場合はアスファルト上だと多少擦りますが、コンビニなどのキレイなフロアだとほぼ無音です。

後ろから見た感じ

横から見た感じ

足は痛くない

Lintamanのときは毎回70kmを超えると右足の小指と甲に痛みがでて、80kmを超えたあたりから足の裏がしびれてきました。

PRIVATEER LACEはどうかというと、右足の小指と甲の痛みは改善されて、まったく痛くないです。

しびれに関しては80km過ぎから多少でましたが、Lintamanほどではなかったです。

Lintamanだから痛いのではなく、多分サイズの問題だと思う。

見た目

シュッとしてかっこいいが、走行中足元を見ても、サイドに有るロゴは目視できないので、真っ黒なスニーカーを履いているって感じで横から眺めるよりは平凡な感じです。

with サイクルソックス

デニムとあわせてもOK

まとめ

走行中クリートの位置がしっくりこなくて、何度か調整してやっと納得いく位置にセッティングできました。

今回90km走り終えて思ったことは、サイズが少し大きいので多少パワーが逃げてしまっている部分もあるかと思いますが、ロングライドや旅先で歩くこともある場合はかなり有意義なシューズだと思う。

通勤など普段着でも違和感のないシューズだと思います。

関連記事
ミニベロにおすすめのSPDシューズ

今回紹介した商品






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ