寒い冬の自転車用グローブにはGOREのウィンドストッパー サーモ グローブがおすすめ

今週に入り急に寒くなってきましたね。Tern Surgeを購入して3回目の冬!今まではユニクロのヒートテックグローブを使っていましたが、2シーズン使ってヘタってきたので買い換えることにしました。

関連記事
UNIQLOヒートテックグローブとワークマンFieldCoreを比較してみた

今回購入したのはGORE®WEARの『ウィンドストッパー サーモグローブ』。

冬用グローブに求めるもの

防寒具なので寒さから手を守るのは当たり前だが、個人個人グローブに求める優先順位は異なると思う。ボクの場合はとにかく、指先が冷えるので第一条件はとにかく指先が冷えにくいグローブ。

今まで使っていたユニクロのヒートテックグローブは5℃以下だと正直指先がかじかんで辛かったので、できれば0℃前後までインナーグローブ無しで使えるものが欲しかった。

なぜGOREのウインドストッパーを選んだのか

数あるブランドの中からGORE Wearを選んだ理由はズバリ信頼性とブランド力。

今までウインドストッパーの商品は使ったことがありませんが、同社で有名なGORE-TEX(ゴアテックス)を使ったウエアやシューズは過去に使ったことがあり、機能的にとても満足行くものだったので、GOREなら間違いないと確信し購入。

GORE WearにはGORE-TEXのグローブもあるが、雨の中使う予定はないので、撥水性より防風性を重視してウインドストッパーにしました。

GORE-TEXとウインドストッパーの違いが代理店のサイトに載っていたので転記します。

■GORE-TEX
GORE-TEXテクノロジーによって設計されたプロダクトは、雨や雪などを内部に浸入させない防水耐久性、汗の水蒸気を外に放出する透湿性、寒風を遮断する防風性を兼ね備えています。変化する厳しい天候状況下でもカラダをドライに保ちます。
 
■GORE®WINDSTOPPER
GORE®WINDSTOPPERテクノロジーによって設計されたプロダクトは、寒風を遮断する防風性と汗の水蒸気を外に放出する透湿性を兼ね備えています。幅広いシーンで風による寒さや汗によるムレをおさえ、快適な状態で活動に集中することができます。

http://www.g-style.ne.jp/faq_detail.php?brand_id=22

使用感

5℃の状況下で使ってみた感想は、インナーグローブ無しでこのグローブ1つで問題ないです。

風が防げているので凍える寒さはありませんが、そもそもグローブの素材自体が発熱しないので温かさはないです。

ただ、20分も自転車を漕いでいると体も温まってくるのでその後は快適です。

また、素材の特性上、汗による水蒸気は外に放出するので、汗っかきの人でも汗冷えしにくいと思います。

外観仕様

ゴア ウィンドストッパー サーモ グローブ GORE WINDSTOPPER THERMO GLOVES
親指部分

親指部分がタオル生地になっていて額の汗を拭くことができます。

ゴア ウィンドストッパー サーモ グローブ GORE WINDSTOPPER THERMO GLOVES
手のひら部分

手のひら部分はハンドルが当たる部分は補強されており、強度がありそうです。

また親指、人差し指はタッチパネル対応です。

ゴア ウィンドストッパー サーモ グローブ GORE WINDSTOPPER THERMO GLOVES
内側

内部は起毛素材で気持ちいい。

まとめ

使い始めて1ヶ月程度ですが、満足度の高いグローブです。サイズに関しては、お店で試着したときはLでいいと思いましたが、実際使ってみると少し指先が余るので、Mサイズでもよかったかなと思っています。

今回紹介した商品









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG