写真でわかるBB交換方法(ホローテックⅡ)

ずっと悩んでたBB交換。TOKENにするか、SUGINOにするか、はたまたリデアにするか。。。

やっとTNIのセラミックBBに交換する決意をしました。ちなみに1年くらい何のBBにするか悩みました笑

初めてのBB交換する方でもわかりやすいようにBB交換の一部始終を記録したので、BBの取り付け方法をお届けします。

では、早速付け替えていきましょう!

チェーンの取り外し

BB交換しやすいようにチェーンを外します。

まず、ギアをインナートップにし、テンションのかからない状態でチェーンを外します。

ボクの場合はミッシングリンクをつかているので比較的簡単に外せます。

12,000km乗ったデュラエースBBの回転

今使っているデュラエースのBBの回転を回転させてみると軽く回して約1.5回転といったところです。(最後に動画があるので動画でも回転具合が確認できます。)

新品の状態で何回転するか不明ですが、12,000km乗っているBBはこんな感じですね。

BBを取り外す

次にクランクを外していきます。

5mmのアーレンキーを使って、左側のクランクから外します。ある程度ボルトを緩めればOKです。

次に、クランク取り付けボルトを外します。このボルトを外すには専用工具が必要です。

クランク脱落防止ピンを先の細いものを使ってピンを上に持ち上げます。

あとは軽く手前にクランクを引くと左側のクランクが外れます。

チェーンリングの付いている右側のクランクは固着している場合はがあるので、ゴムハンマーで軽く叩いて外します。

次にBBレンチを使ってBBを取り外します。

ちなみにデュラエースのBBのは通常より一回り径が小さいので、デュラBB購入時に付属していたアジャスターを噛ませます。

BBの取り外しはかなり力がいるので、一旦バイクを下ろして作業します。ボクの場合は足でBBを緩めます。もちろん左側も同様に行います。

これで手で容易に回して外すことが可能です。

BB取り付け

普段BBを外すことはないので、この機会にパーツクリーナーを使って汚れを拭き取ります。

固着防止や防水のためグリスを塗ります。

まずはフレーム側のねじが切ってある部分に塗ります。左側も忘れずに!

念押しでBB側のネジ部分もグリスを塗ります。

BB本体にネジを回す方向が矢印で書かれています。右側の締め付け方向は逆ネジで反時計回りになります。

続いて左側。こちらもグリスを塗ります。左は正ネジです。

手で回せるとこまで嵌めたら、余分なグリスを拭き取ります。

本締めはバイクを下ろして作業します。

締め付けトルクは30-50Nmになり、思いっきり締めていいと思います。

次にクランクを取り付けます。

クランクシャフトにもグリスを塗ります。

BB内も薄くグリスを塗ります。

右側からクランクをはめていきます。

続いて左側クランクを取り付けます。

脱落防止ピンが上がっているか確認。

クランク取り付けボルトを取り付けます。

こちらの締め付けトルクは1Nm程度でいいので、手で回して手応えがあったところで、止めて問題ないです。

左右のボルトを交互に締めていきます。最後にトルクレンチで12〜14Nmで締めます。

最後にチェーンを付けて完成です。

いかがだったでしょうか?

ある程度距離を乗ったらインプレッションしますのでお楽しみにしてください。

動画で見る取り付け方法とセラミックBBの回転性能

今回紹介した商品









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG