ミニベロTern SURGEにAmazonの激安リアキャリアを取り付ける

今回はボクのミニベロTern SURGEにリアキャリアを付けていきます。

自転車通勤を初めて4回目の夏。今まではリュックで通勤していましたが、背中が汗でかなりベトつき不快でした。

不快を解消するためにリュックを変えたりしましたが、汗の不快を完全解消には至りませんでした。

関連記事
真夏の通勤には蒸れにくいリュックDeuter Giga Flatがおすすめ!

今年の夏はリュックをやめて、パニアバッグに変えようと思い、まずはリアキャリアを装着することに。

リアキャリアは通年で使うわけではないのでとりあえずコストを抑えるためAmazonで一番安い20インチ用のリアキャリアを試してみることに!

さて、そのリアキャリアはミニベロTern SURGEに装着できるのか!?

今回紹介する商品

ミニベロにリアキャリアを取り付ける

Tern SURGEにはキャリアをつけられるよに4つのダボ穴がついています。片側にシートステー上部に1箇所、クイックリリースをはめるあたりに1箇所あります。左右で合計4箇所となります。

シートステー上部にはボルトも付属していますが、クイックリリース上は別途ボルトを購入する必要があります。

リアキャリアを止める位置の幅ですが、SURGEは約74mmですが、今回購入したキャリアの幅は約70mmと4mm幅が狭かったです。

無理やりはめればいけますが、今後何度も脱着するので、ヤスリがけして調整します。

こんな感じでヤスリがけしました。

あとは4箇所ボルトを締めれば完成です。

下側のボルトですが、リアキャリア付属のものではサイズが合わないので、別途、m5サイズの12mmのボルトと、M5用の16mmのワッシャーをホームセンターで購入しています。100円もしなかったと思います。

すべてのボルトの本締めが終わりました。

地面におろして見てみると、多少後ろ下がりになっています。純正品でもないし、激安のキャリアなので許容範囲といった感じですね。

重量

気になる重量ですが0.94kgとなりました。

今回紹介した商品

動画で見る









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG