ノーマルチェーンリングでフロントシングル化を試してみる!

Tern SURGEを購入して4年以上が経ち、何度もフロントシングル化をしてきた。その際、なんの疑いもなく、当たり前のようにナローワイドのチェーンリングを使ってきたが、もしかしてノーマルのチェーンリングでもフロントシングル化できるんじゃないかと思ったので試してみることに!

アウターチェーンリングでフロントシングル化

真円のダブルではR9100のクランクを使っているので今回はこのR9100のアウターチェーンリングとインナーチェーンリングでそれぞれにフロントシングルできないか試します。

まずはアウターチェーンリングから!

ちなみに歯数は52T!

シマノのチェーンリングのボルトだとインナーが無い分、スカスカになってクランクアームとチェーンリングが固定しないので、間にワッシャーを噛まして固定しました。

チェーンはフロントダブル時に使用しているチェーンを採用。

まずはメンテナンス台の上でチェーン落ちせずにギアチェンジできるか試してみる!

その前に、多分チェーン落ちすると思うのでこれ以上クランクアームが傷つかないように養生をします。

いざ、実験

ガーーーーン(;O;)

なんとなく予想ついたけどメンテナス台の上でもチェーン落ちしました。

シフトアップ、シフトダウンに限らず落ちます。

気を取り直してインナーチェーンリングで試してみましょう!

インナーチェーンリングでフロントシングル化

今度はインナーチェーンリングで試します。

こちらもR9100のインナーで歯数は36Tになります。

チェーンリングボルトはフロントシングル用の物がそのまま使えました。

チェーンはフロントシングル時のチェーンに交換。ただし今使っているフロントシングルは歯数が46Tと36Tのチェーンリングには長すぎるので変速レスポンスは落ちますがプーリーとスプロケットの間を離してチェーンのたるみを取ります。

とりあえずメンテナス台の上ではシフトアップ・シフトダウン両方ともチェーンは落ちない!

これはイケるかも!?

ってことで、実走してみることに!

実際に走ってみてどうだったか!

ノーマルチェーンリングの36Tで実走してみました。走行した場所は舗装路の比較的きれいな道とちょっとガタガタ感がある道。

恐る恐る変速してみると

落ちない!

これはイケる

と思った矢先、比較的フラットなきれいな道でチェーンが落ちた。。。

ガーーーーン(;O;)

結論

フロントシングルにはナローワイドのチェーンリングが必須だとわかった。

ボクが普段使っているのはWOLFTOOTHの46Tです。

関連記事
Tern Surgeフロントシングル化WOLF TOOH46Tを装着

動画で見る

今回の記事の内容をYouTubeでも発信しています。よろしければ見てください。









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!