Tern Surgeフロントシングル化WOLF TOOH46Tを装着

Tern Surgeフロントシングル化WOLF TOOH46Tを装着




1年ぶりにフロントをダブルからシングルに変更。

変更した経緯はフロントディレイラーの台座が変形し、正常にFDが装着できず、プロショップにてワッシャーなどを削って調整してもらったが、トルクを掛けてペダルを回すとチェーンとFDが干渉して音鳴りがします。

音鳴りがすると自転車に乗っていても楽しくないです。

そこで、フロントをダブルからシングルに戻すことに!

準備するもの

・ナローワイドチェーンリング
・チェーンリングボルト シングル用

今回の記事ではチェーンリングの取り付けの説明はありません。そのため過去の記事を参考にしてください。

過去記事でチェーンリング交換方法をみる

Tern Surge純正クランクの場合
Tern Surge クラリス(CLARIS)8速のフロントシングル化
Claris(クラリス)8速フロントシングル化!Race Faceナローワイドをインストール

R7000以上の場合
105(R7000)のクランクにROTORの楕円チェーンリングQ-Ringsを取付けてみた
写真でわかるクランク交換方法(R7000からR9100へ)

悩んだ挙げ句真円46Tを選択

先日の記事(2020年ミニベロフロントシングル化おすすめチェーンリング)にも書きましたが、ボクの希望するチェーンリングは

・46T以上
・楕円
・R9100に対応

となっていました。

楕円って言ってたのに真円かよ!

とツッコまれそうですが理由は2つあります。

1つ目RIDEA ROAD ELLIPTIC RINGのチェーンリングで46Tの入手が容易にできなかった。

2つ目WOLF TOOTHのElliptical 110 BCD Asymmetric 4-Bolt for Shimano CranksはR9100のクランクにはめるためには、チェーンリングの1箇所を削る必要があるため面倒くさかった。

真円になるとRIDEA、WOLF TOOTH以外にも選択項が増えると思いますが、WOLF TOOTHを1回使ってみたかったので今回はWOLF TOOTHの46Tを購入しました。

フロントシングル46Tの1stインプレッション

交換直後で試走で感じたことは、

逆楕円じゃん!

この1年楕円チェーンリングを使ってきたので楕円のペダリングが足に馴染んでいたので真円にした直後は1〜4時で抜ける感覚がすごくしました。

交換後、約50kmほど乗りましたがまだ逆楕円の感覚が残っています。

目的であった、FDとチェーンとの音鳴りはもちろんなくなったのでその点はGOODです!

やっぱり気になるギア比

ボクの乗っているTern Surgeのスプロケットは11-28Tで、フロントは46Tなので、下の表の1速と書かれているところがギア比になります。

50km走って思ったことは、フロント46Tだと

リア16Tが欲しい

ってことです。しかも前後は1T間隔のクロスレシオがいい。

15、16、17Tが含まれて、さらにローは28T以上トップは11Tがいい。

そんな都合のいいスプロケットは無いな。。。下の表をみると、11Tか28Tを諦めればなんとかなるけど、どっちを捨てようか悩ましい。

SHIMANO11速のギア構成

今回購入した商品






【DAZN】プリペイドカードでのお申込はこちらから
 
   

関連コンテンツ