Tern SurgeのBBをスクエアテーパーチタンBBに変更

Tern SurgeのBBをスクエアテーパーチタンBBに変更




特に今使っているBBで不満はないですが、なんとなく軽量化したい!最近BB交換用のツールを買ったので、BBをチタン製の軽量タイプにすることに!今回はインストールまでをご紹介します。

Tern Surgeの歴代BB

Surgeを購入後2ヶ月位でBB周りから音鳴りがしたので、そのタイミングで1回BBを交換しました。その時はショップにてシマノのBB-UN55に交換してもらいました。

  1. VP BC73 (115mm)
  2. SHIMANO BB-UN55 (115mm)
  3. ACE チタン(119mm)
VP BC73は274.7g
BB-UN55はデフォルトより重い303.6g
ACEチタンBBは155.3g

BB-UN55の約半分と軽くなりましたが、メーカーの公表している重さは144gだったので、ちょっとハズレを引いたかな。

BBを交換する

8mmのアーレンキーでフィキシングボルトを外します

その後、コッタレス抜きとBB外しを使ってBBを取り外します。
過去の記事でTern Surgeで使えるコッタレス抜きとBB抜きを紹介しているのでご覧ください。

関連記事:Tern Surgeに使える「コッタレス抜き」と「BB抜き」

きれいに拭き取りグリスアップ
ACEのBBはホローテックⅡ用のBBレンチを使います
購入したのはBIKE HAND YC-27BB
このようにホローテックⅡのBBレンチで締めていきます。矢印でロックする方向が書いてあるのでわかりやすい。
左側も同じように締めていきます。
最後にクランクを付けて完成

気になる点

軸長が115mmから119mmになったことによって、チェーン落ちなどの心配がありましたが、通常に乗っている分にはチェーン落ちもなく、スムーズにギアのシフトも行えます。ただ、ボクのSurgeはフロントシングルなのでもしかしたら、フロントダブルだと不具合が出る可能性もあるかも!

あと、リアのギアをロー、2速の際、クランクを逆回転させると、チェーンが3速まで落ちます。足で回せるスピードでは落ちませんでしたが、手で高速に回すと落ちます。

逆回転でチェーンが落ちる映像
ローだとチェーンラインにかなりの角度がつく

まとめ

逆回転でチェーンが落ちるのは気になりますが、通常使っている範囲では大丈夫そうなので、とりあえず今週1週間様子見で乗ってみます。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ