普段使いに最高のミニベロタイヤ SCHWALBE(シュワルベ)デュラノを3,500km使ってみた

普段使いに最高のミニベロタイヤ SCHWALBE(シュワルベ)デュラノを3,500km使ってみた




Tern Surgeに乗り始めて3本目のタイヤがSCHWALBE(シュワルベ)デュラノでした。その前はSCHWALBE ONEを使っていて、正直デュラノに履き替えた瞬間は、SCHWALBE ONEのいいところばかり目立って、デュラノのボク自身の評価はイマイチでした。

そこで、今回デュラノ(リアタイヤ)を3,500km使ってみて、評価が変わったので改めてインプレッションします。

ちなみにこちらがデュラノのファーストインプレッション時の記事です。
シュワルベワン451とデュラノ451を比較してみる

3,500km使用してもタイヤがきれい

まず驚いたのは3,500km以上使用しているのに外傷がほぼなく、摩耗による台形化のみで、最後まで安心して使用できました。

下記2点の写真で見てわかるように、本当にきれいな状態です。

僕の場合比較対象がSCHWALBE ONEになりますが、ONEのときは、タイヤのコンパウンドがデュラノに比べ柔らかかったので、タイヤの表面によく小石が刺さっていました。この小石を定期的に取るのがすごく面倒だった。

SCHWALBE ONEの記事:451サイズSCHWALBE ONE(シュワルベ ワン)2,800km使ってみた使用感

一方デュラノは小石が刺さらない系のタイヤです。

サイドに関してはONEと比較すると、ONEのときは細かいヒビ割れがありましたが、デュラノは無傷です。

摩耗の比較

写真は左から新品⇢2,500km使用(フロント)⇢3,500km使用(リア)になります。

交換時期について

今月ビワイチ(北湖)1周を計画しているので、リアタイヤが3,500kmを超えたタイミングでフロント、リアともに新品のタイヤに交換しました。

トラブルになる前に早めの交換が望ましいですが、もし普段の通勤と週末のサイクリンだけであれば多分4,000kmは使えるんじゃないかなと思います。ちなみにボクの体重は約75kgあります。ほとんどの人がボクより軽いと思うのでもう少し距離が伸びるかも!?

まとめ

普段使いのタイヤとしてはかなり完成度の高いタイヤだと思います。特に通勤や通学で毎日乗る方には激しくおすすめします。

価値観は人によって違いますが、毎日使用するものは安心して乗ることができ、コストパフォーマンスが良いデュラノはボクにとっては今のところベストチョイスです。

おまけ
ONEのときもそうだったが、ロゴのプリントがすごく黄ばむ。

手前:新品、奥3,500km使用後

今回紹介した商品






 
   

関連コンテンツ