中華カーボンハンドルにクラックが!今度はアルミにしよう

中華カーボンハンドルにクラックが!今度はアルミにしよう




今使っている中華カーボンハンドルの調子が悪い。段差やブレーキをかけると、体重がハンドルにかかります。そのタイミングで固定されているハンドルが回転してしまいます。

前回も同様の中華カーボンハンドルを使っていましたが、同じ現象が起き別のハンドルに交換した経緯があります。

関連記事
中華カーボンハンドルにクラックが…

ちなみに前回も今回もハンドルにクラックが入っていたのが原因です。

初回購入のものはボクのトルク管理がいい加減でボルトを強く締めすぎたのが原因でしたが、今回はトルクレンチを購入してちゃんとトルク管理していました。

でも、クラックが入ってしまいました。

クラックが入った箇所はハンドルの底の部分でちょうど、コラムのボルト止めの隙間に擦れてカーボンが剥がれてひび割れし、微妙に凹んでます。経が合わなくなったことにより、しっかりボルトを締めていてもハンドルが回ってしまうんだと思います。

2度同じ現象が起こったので中華カーボンハンドルに不安を覚えました。

そこで今回はアルミのハンドルにしようと思います。

アルミドロップハンドルの候補

突然の出費のため予算をあまりかけれません。安ければ安いほうがいいですが、今回は予算を10,000円と決めて、物色することに!

候補に上がったのはシマノプロのLT コンパクト ハンドルバー、ボントレガーのElite Aero VR-CF Road Handlebarです。

シマノプロのLT コンパクト ハンドルバー

ボントレガーのElite Aero VR-CF Road Handlebar

この2つに惹かれた経緯は、まずシマノプロの方は、安価4,000円くらいで、シマノということで、精度、品質は安くても大丈夫だろうと思ったからです。

ボントレガーのほうは、アルミでエアロ形状がかっこよく、金額も1万以下と買えなくもない金額です。

購入したアルミドロップハンドル

今まで使っていた中華カーボンハンドルはケーブル内装のものでした。この内装させる作業が面倒だったのと、アルミにエアロハンドルは重量が重いことから今回はプロのLT コンパクト ハンドルバーをチョイス!

せっかくこの前プロショップにディレーラーの調整をしてもらったばかりなのに、とほほです。

関連記事
ミニベロロードに中華ビッグプーリー!1stインプレッション

気になる点はTern Surgeはミニベロなので地面からの突き上げがロードに比べて大きいです。今まではカーボンハンドルでしたが、アルミに変えて突き上げ具合がどうなのか心配。






 
   

関連コンテンツ