RIDEAのAngle SpacerでチェーンリングとFDの干渉を解消!

RIDEAのAngle SpacerでチェーンリングとFDの干渉を解消!




チェーンリングを楕円に変えてから気になっていた、フロントディレイラーとチェーンリングのクリアランスが超ギリギリ問題。

関連記事
105(R7000)のクランクにROTORの楕円チェーンリングQ-Ringsを取付けてみた

それを解決するため今回RIDEAのスモールパーツを購入!

今回購入した商品

・フロントディレイラーの角度調整を行うスペーサー(シム)
・取付角度を±4°調整することが可能
・TT用のビッグギヤや逆に50T以下など小さいギヤを使う際に便利
・AL6061 CNC製

実際に取り付けてみた

最初の写真は取り付け前の写真です。フロントディレイラーとアウターチェーンリングの一番近い部分のクリアランスが0.1〜0.2mm程度です。

はじめてローターのチェーンリングを付けた時、実際には微妙に接触していたので、強引にフロントディレイラーを曲げました。

ビフォー

下の写真はRIDEAのangle spacer取り付け後の写真です。写真の角度は多少違いますが、かなり余裕のあるクリアランスになりました。

アフター

アングルスペーサーを使えば53Tの楕円チェーンリングも装着出来ると思います。

アングルスペーサー取り付け後の写真(上にはみ出たSpacerが気になる)

実際にはもう少し上までフロントディレイラーの位置を上げることができます。

もうひとつ良かった点として、今まで一番上の位置で直付けしていたため、直付けの台座とディレイラーがインナーに入れた際、接触していました(下の写真の赤丸部分)。そのためロー側のトリムが機能していませんでした。

アングルスペーサーを取り付けたことにより、固定部分を下げることが出来たので、台座と干渉することなく、ロー側のトリムの機能も使えるようになりました。

まとめ

直付けのディレイラーで楕円チェーンリングを使う際、鑑賞する場合はこのRIDEAのアングルスペーサーで解消することができます。

また、ミニベロなどの小径車で大きなチェーンリングを使う場合にも有効かもしれません。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ