スプロケ交換ミニベロに11-30Tを付けてみる!

前回の『ミニベロでヒルクライムのギア比を考える』記事でもお伝えしたように、今回はミニベロでヒルクライムを克服するため11−30Tのスプロケットに交換します。

今回は以下の内容のカスタムを行っていきます。

  • スプロケットを11-25から11-30に変更
  • プーリーを中華ビッグプーリーに変更
  • チェーンの長さを調整
  • 変速調整

購入当時Amazonでは品切れだったので、近所のショップで購入しました。

では取り付けていきましょう。

スプロケット交換

まずはホイールが外しやすいようにギアをインナートップにします。

スプロケを交換するので、クイックリリースを外します。

プーリーも交換するのでチェーンも外します。

プーリーが交換しやすいようにリアのギアをローにいれます。

プーリーの交換はこちらの記事や下記の動画でも説明しているので割愛します。

関連記事
ミニベロTern SURGEに中華ビッグプーリーLTWOOを取り付けてみた

やっとスプロケットを交換します。

こちらは下記の専用工具が必要となります。

スプロケット重量比較

気になる重量をみていきましょう。

今まで使っていたデュラエース11-25は175.2g

新しい105の11-30は281.2gと、106gの増量となりました。ロックリング忘れてるのでもう少し重いです。

スプロケット装着

新しいスプロケットを嵌める前にフリーボティーの掃除をします。

その後、スプロケットをホイールに装着。

装着するときはチェーンの着いた工具は不要です。

クイックリリースを嵌めて、フレームにホイールを固定します。

とりあえず、11-25、ノーマールプーリーで運用していたチェーンを付けてみます。

プーリーが地面と平行になっちゃいました(笑

これではチェーンを足すしかないですね。

チェーンの追加

中古のチェーンから確か5か6リンクくらい足しました。

チェーンを延長しないといけないと思ってたので前もってチェーンピンを買ってましたが、1つ320円は正直高いです。

調整

ここから調整するのですがイマイチ変速が決まらないです。

症状としては、

1つ目:実際に乗って漕ぐとかすかにシャリシャリ音が聞こえる

2つ目:実際に乗って漕ぐとロー側2枚以外つまり3〜11速で足裏にガタガタと振動を感じる

3つ目:インナートップでチェーンが緩むのでガイドプーリーを通常より離してセッティングしているので変速レスポンスが悪い

ボクなりに考えられる原因は

・ハンガーが曲がってる?

・そもそもチェーンの延長が良くない?

・チェーンの長さが長い?

とりあえずインナートップは使わないことで一旦ここで調整は完了としました。

今回購入した商品

動画で見るスプロケット交換









 
 
 
   
   
最新情報をチェックしよう!
>Tern Surge2018カスタム状況

Tern Surge2018カスタム状況

カスタマイズするごとに記事に書いてきましたが、全体像がわかるようにこちらのページではボクのTern Surgeの構成をご紹介!

CTR IMG