フロントシングル化のギア比を考える

フロントシングル化のギア比を考える




前回クラリス(8速)をフロントシングル化し、スプロケを11-28Tから11-32Tに変更して150km乗ってみたのでそのインプレッションになります。

ちなみにフロントは50Tです。

11-32Tインプレッション

ロー側の歯数を28→32に変更してみて感じたことは劇的に坂が楽になるものではなかった。特にボクの通勤ルートではほぼ平地で坂は5〜10%程度の歩道橋・橋・陸橋で漕いでいる時間はものの数十秒〜2分程度です。

そこで思ったのが確かに28Tに比べ32Tは軽いは軽いです。ただ、進まない。その数十秒〜2分程度なら28Tで漕いだほうがちょい疲れるけど進むのが速い分、総合的に楽だと感じました。

不安に思っていた『4〜5速、5〜6速の歯数差が3T』ですが通勤レベルの10km程度では特に不満もなかったですね。

結論

結論はまだ出てないですが、28Tでも32Tでもどっちでもいいって感じですが、見た目的にはスプロケは小さい方がカッコいいので、28Tに戻すかもしれません。ロングライドをする場合は保険として32Tもありかも。

11-32T装着

今後の展開

8速でフロントシングルだとギア比の選択項があまりない。ただスプロケも安いのでいろんなスプロケを試せて楽しい。今度はフロントを46Tくらいにしてリアを12-25Tもしくは13-26Tを試してみたい!

関連記事:Claris(クラリス)8速フロントシングル化!Race Faceナローワイドをインストール






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ