Tern Surgeのコラムスペーサーをカーボンに変更

Tern Surgeのコラムスペーサーをカーボンに変更




今使っている純正のコラムスペーサーが日焼けして色が変わったので、なんか気に入らない。

そこで、コラムスペーサーを交換することに。

今回は中華カーボンのコラムスペーサーを購入しました。

Surgeの純正スペーサーは10mmのものが7つ使っていて計70mm分スペーサーが必要です。コラムカットして通常より低い場合は70mmもいらないですね。

重量差

中華カーボンスペーサー1つ5.5g
純正スペーサー1つ9.3g

10個分のサイズ54.2g

重さに関してはばらつきがあって10個で量ると54.2gだったので1つ5.42gとなる。

純正は7つで65.1g

7つしか使わないので3つの合計は16.4g

10個が54.2gだったので、3つの16.4gを引くとコラムスペーサー70mm分で

37.8g

なので、純正の66.1gと比べ

28.3g

の軽量となりました。

精度について

不安だった精度については比較的キレイにカットされていて僕の場合ステム下に10mmのスペーサー6つと、ステム上に10mmのスペーサー1つを使っていますが、ガタはなく普通に収まっています。

外径35mm

内径28.6mm

内径は28.6mmより微妙に大きい気がする。

装着してみたがガタもなかったので良しとしよう。

装着後

乗ってみた感じ

乗ってみた感じは純正のアルミスペーサーとなんら変わりはなく、違いはわからなかった。

重量だけが多少軽くなっただけです。

1gでも自転車を軽くしたいなら値段も安いのでありだと思うが、ここは純正のままでもいいのかも。






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ