ミニベロカスタム2019年買って良かったものベスト5!

ミニベロカスタム2019年買って良かったものベスト5!




Tern Surge2018に乗り始めて2年目の今年もいろいろカスタマイズしてきました。

その中で効果があってコスト的にも良かったカスタムのベスト5を発表します。

第5位:フロントシングル化 Race Faceナローワイドシングルチェーン

今でこそボクのTern SurgeはR7000の11速ですが、純正のTern SurgeはR2000のクラリス8速仕様になります。

8速でフロントシングル化する人は少ないと思いますが、ボクの自転車の使い方は通勤がメインの為、1×8でも十分に走りに満足することができます。

Race Faceのチェーンリングを購入する前に中華の安いナローワイドのチェーンリングを使いました。こちらは50Tと比較的平坦なコースでは気持ちよく走れますが、上り坂が多い場合はちょっとつらいです。

関連記事
Tern Surge クラリス(CLARIS)8速のフロントシングル化

そこで、Race Faceのチェーンリングは44Tを購入。トップスピードは遅くなりましたが、多少の上り坂でも楽になったのはGOODです。

ただ、その反面平坦でもトップギアの8速を使い切ってしまい、下り坂ではギアが足りなくなってしまいます。46〜48Tがベストなのかもしれません。

関連記事
Claris(クラリス)8速フロントシングル化!Race Faceナローワイドをインストール

第4位:楕円チェーンリング  Rotor ALDHU 3D Road Chainring

第5位に続き第4位もチェーンリングがランクイン!

第4位はRotorの楕円チェーンリング。ただコチラの商品ですが、はじめて使ってみた時に印象はあまり良くなく、楕円ってボクに合ってないのかも!?と感じました。

関連記事
105(R7000)のクランクにROTORの楕円チェーンリングQ-Ringsを取付けてみた

というのも、付け始めた最初は真円のチェーンリングに比べ足への疲労がかなりありました。結局は慣れの問題で、楕円チェーンリングに変えて4,000kmほど走った今は快適です。

トルクのかかりやすい位置でちゃんと踏み込んで走り、トルクの掛ける必要がない位置では力を抜く走りに変えると疲労が少なくなりロングライドがさらに快適になります。

楕円チェーンリングを使う場合は引き足が使えるビンディングシューズでの走行がおすすめ!

関連記事
ROTORのQ-RingsをフラットペダルとSPDペダルで試した結果

ボクの購入したリングのサイズはアウター52T、インナー36TのROTOR Q-RINGSになります。

ちなみに仮想の最大最小の歯数は以下のとおりです。

■52Tの場合
仮想最大ギア歯数:55.25T
仮想最少ギア歯数:48.75T

■36Tの場合
仮想最大ギア歯数:38.25T
仮想最少ギア歯数:33.74T

第3位:カーボンフォーク tern X kitt design368 FULL Carbon /3K matt

Tern Surge純正のフォークはアルミフォークになります。アルミフォークは約1kgあり、このKitt designから出ているTern Surge専用のカーボンフォークは約500g。カーボンフォークとしては重い部類ですがスタートや上り坂での走行を楽にしてくれます。

購入の目的は振動吸収でしたが、こカーボンフォークを購入した時点ですでにハンドルをカーボンに変えていたため、振動吸収の性能はそれほど感じませんでしたが、先日ハンドルをカーボンからアルミに変えたら、意外と振動吸収の仕事をしていたことが判明!

アルミ×アルミに比べたら、かなりマイルドな走りになります。

ハンドルをアルミに戻してなかったらランクインすることはなかったかも笑。

関連記事
Tern Surge カーボンフォークに交換

第2位:カーボンホイール 中華50mmディープホイール

自転車の乗り味が劇的に変わるといわれているのが、タイヤとホイール交換です。

自転車にハマっていくと気になるのがカーボンホイールしかもディープリムです。

まず重量に関して、Tern Surgeの純正より約400g軽くなり、フォークのときと同様、漕ぎ出しと上り坂で威力を発揮します。

またディープホイール特有の『ゴー』っていう風切り音がして、耳心地が良く気持ちいいです。

注意する点としては雨天時のブレーキの制動力ですね。ブレーキパッドをSWISS STOPのものに変えましたが、それでも止まりません。晴天時のアルミリムに比べ、体感で3〜5割程度ブレーキが効かない気がします。

関連記事
ミニベロ中華カーボンホイール1stインプレッション

第1位:ビッグプーリー 中華ビッグプーリー17T for R7000

2019年の買ってよかったもの第1位はビッグプーリーです。

国内で流通している有名ブランドのビッグプーリーだと数万円以上しますが、ボクが購入したビッグプーリーは中華製のため破格の6,000円!ただしこの価格はaliexpressでの金額になります。日本のAmazonだと8,500円で購入できます。

鈍感なボクでも、実際に走ってみるとシマノ純正のプーリーとの差が歴然と感じることができる。

購入時のファーストインプレッションでも書きましたが、とにかく『むっちゃ軽くなった!』と実感できるのが嬉しくて、顔がニヤけます。

このビッグプーリーは最近導入したばかりなのでロングライドでは使ってませんがロングライドでかなり楽に走ることに貢献してくれるんじゃないかな。

関連記事
ミニベロロード105(R7000)に中華ビッグプーリーを付けてみる






 Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】
 
   

関連コンテンツ